【人体】って不思議!

インドアなあたしですが、先週の週末は
上野の人体っていう特集をやってる博物館に行ってきましたー!
物事にあまり出向いてまで学ばない怠け者なのに急にどうしたんだろうあたし。笑
でも、上野って意外と上野恩賜公園の中にある施設で心が乱されるものをやるんです。
しかもその宣伝が
上野中の街灯とかのしたに吊るされるの。
この間なんて上野の森美術館で
怖い絵展とか!ツタンカーメン展とか!
この宣伝の絵すら怖い!
ね?気になりすぎるでしょ?
で、今回の
人体の博物館は
お部屋でざっくり
機能ごと?に分かれていて
臓器も、消化器、循環器、呼吸器、泌尿器とか神経系とかのそれぞれを着眼する感じでした。
こんなことを知れるのも人間の作りに興味を持って解剖し始めた人がいるからよね。
部屋を進んで行くと、
ダビンチ筆頭に解剖学男子たちも紹介されるんだけど
本物のノートみたら
万年筆的な線でこまかーーーーく図が描いてあって
字も小さくびっしり!
細部は別のカットをまた描いてあったりしてもうオタク!!
でもこの人たち、すごいよなー。
例えば男の子に
「バイクいじったんだー!」
とか言われると、バイクの仕組みからわかってて詳しいだなんてかっこいい!って思うけど
でもダビンチたちは
「人間解剖したいんだよなー」
とか言うわけでしょ
斜め上すぎ!!
近くにいたら
愛せない!あたし!
でもそのおかげで今あたしたちはこれを知れるんだもの。すごいわ。やっぱ。
解剖オタクのことばっかりみて、人体についてみてなかったみたいだけど
そうじゃないの!
この続きは
次回!